toggle
大森、築地、海苔の製造卸問屋

海苔へのこだわり

かねこの海苔

海苔いろいろの写真

江戸末期から継承される技

海苔づくりにかけた情熱と、150有余年脈々と受け継がれた焼のり製法の技
江戸時代から続いた東京大森の海苔生産は、1964年の東京オリンピック開催に伴う沿岸開発の流れとともに問屋へと移行していきました。

そこで金子海苔店では、海苔に的確に焼きを入れたり、加工を施したりする技が磨かれ継承されていきました。
その製法が頑固に受け継がれているのです。

素材へのこだわり

そして当店が大事にしているのが、海苔素材の品質へのこだわりです。

冬のはじまりから終わりにかけて始まる海苔の仕入れ。
佐賀の有明、瀬戸内、三重や千葉など、上質な海苔が採れる産地に足を運び、最高品質の海苔を見極めて選ぶ労を惜しみません。

海苔の風景

極みの焼き

産地で上質なものを選ぶことにこだわり選ばれた海苔は、
熟練した工場の職人によってさらに選別されます。
そして、秘伝の製法で一枚一枚焼き上げられていきます。
慎重繊細に加工を施すその時に使用されるのは、
炭火の火加減と風合いを意識した独自の赤外線ラインです。
「かねこ」が自信を持っておすすめする海苔は、香り高く、滋味豊かです。

海苔の焼き

海苔のボタン

海苔の商品ページはこちら →